N型架台説明

Jul 25, 2022

N型架台説明



N型架台というのは、前柱、後ろ柱と斜材が側面から見ると、N型になっている陸上太陽光発電架台の構造です。



詳しく構造は:

①斜材1本、柱2本をU型連結部材で主軸を連結する。

②ベース固定金具で①完成品を基礎に固定します。



運輸・施工やすいために、予め組立があります。N型架台の予め組立は下図のように、U型連結部材のボルト緩めて、折り畳みます。実際には、下図左の形にするのは多いです。施工中、ベース金具で、杭に固定すれば完成です。



(N型架台の予め組立図面)



しかも、主軸1本に斜材1本しかないですので、価格がそんなり高くないです。斜材が上からの力を分散させ、強度と安定性を高めることができます。



うちの実績では、N型架台は広く使われています。構造簡単に限らず、強度も高まります。斜材1本があるため、強度は斜材無し架台より高いです。下記のデータと通り、この耐風圧と耐積雪は多くの地域に適用しています。




陽極酸化処理した(アルマイト平均皮膜厚さ>=12 um)AL6005-T5材質がよく使われる材質ですが、ホトンスソーラーは条件によって、特別サイズの部品や塩害対応部材を設計して、使います。耐風圧と耐積雪は過大の場合、部品寸法の変化で、値を上がることができます。







お問い合わせフォーム
お問い合わせフォーム
ご質問やご提案がございましたら、メッセージを残してください。できるだけ早く返信いたします。

ホーム

製品情報

skype

whatsapp