• 多雪地域架台の対応策 多雪地域架台の対応策 Aug 01 , 2022
    多雪地域架台の対応策 太陽光発電にとって、雪は雨より、もっと嫌なものです。雨が降りましたら、そのまま流れ落ちて、傾斜地じゃない地域なら、ほぼ問題ないです。雪の場合、積雪による、太陽光発電架台が不具合を発生する可能性があります。  太陽光発電での積雪に与えられる影響について、簡単に言うと、2点があります。 ①積雪による発電能力の低下 ②積雪によるパネルと架台への損傷  ①の発電能力の低下とは、長い時間雪が降り続き、雪がパネルの上に積もってしまう場合、パネルの発電能力がかなり低下になることです。これは適当のタイミングで、除雪すれば、問題ないです。  ですが、短い期間に、豪雪を降る場合、急に厚い雪が積もれば、雪の重みでパネルが落ちたり、架台が曲がったり、地面に近づくように沈み込むなどのトラブルが発生可能です。(資料図) だから、ある程度しっかりとした、架台と施工がと...
    もっと見る
  • スクリュー杭に関して スクリュー杭に関して Sep 05 , 2022
    スクリュー杭に関して アルミ架台といえば、もちろんアルミパーツで取り付けたラックです。  その基礎はなんでしょうか。  スクリュー杭、C型杭、コンクリート基礎、現場の土地状況によって、それぞれあります。その中、一番よく利用される基礎がスクリュー杭です。  さて、今日はスクリュー杭について、ご紹介させていただきます。 1. スクリュー杭の仕様 2. 材質:Steel-Q235B 3. 表面処理:表面は溶融亜鉛メッキ処理されたので、防錆性も耐蝕性も確保できます。亜鉛メッキの平均厚さは80~100umです。 4. スクリュー杭引き抜き強度ーN値対応表 以上のとおり、これらはスクリュー杭のよく利用された仕様です。 ですが、現場の土地の状況が複雑で、スクリュー杭の長さとか調整する必要場合は、どのように対応しますか。 5. ダブルフランジと可動式スクリュー杭 ① ダブルフ...
    もっと見る
  • C型杭に関して C型杭に関して Nov 23 , 2022
    アルミ架台といえば、もちろんアルミパーツで取り付けたラックです。  その基礎は何でしょうか。  スクリュー杭、C型杭、コンクリート基礎、現場の土地状況によって、それぞれあります。C型杭を土地に打ち込んで、架台の基礎と柱として、利用されています。基礎と柱が1体物のため、C
    もっと見る

合計 1 ページ

お問い合わせフォーム
お問い合わせフォーム
ご質問やご提案がございましたら、メッセージを残してください。できるだけ早く返信いたします。

ホーム

製品情報

skype

whatsapp