駐車場用架台紹介

Aug 15, 2022

駐車場用架台紹介



「太陽光発電を始めたいけど、そんなに広い置き場がない。」というお悩みがありますか。

日本政府のFIT制度の原因で、建築や空き地を利用する太陽光発電のやり方が急増しています。

駐車場用架台は上述の一つ方法です。



駐車場用架台とは、架台を車庫のように設計する架台です。こうしたら、お宅の敷地を活用できます。




一見するところ、構造は他の架台ほぼ同じですが、設計にはいくつかの注意点があります。



①強度強化必要。一般の建築と同じ、駐車場用架台は安定性と安全性が要求されています。

そのため、より大きい断面の柱、主軸とレールが選ばれます。断面100mm*100mmの柱を採用して、耐重性と安定性が高いです。基礎も、殆どコンクリート基礎です。


②駐車合理性。機能性が持っているため、設計時点では予定駐車数を考えなければなりません。お無駄になってしまうスペースを最小制限まで減少するべきです。お客様から予定駐車数が要求される案件があります。



上記は、今までの実績より、まとめた駐車場用架台設計の特徴です。


又、普通の駐車場用架台以外、防水型駐車場用架台もあります。

上述したように、駐車場用架台は一般の建築と同じ性質をもっています。そのため、いろな天気での使用感も大切です。




雨や雪の浸透防止策としての防水型駐車場用架台は、オリジナル架台に基づいて、まずパネルの下に折板屋根を組立て、隙からの雨漏りを止めます。そして、屋根から流れ落ちる雨水を地面に流よう、パネル端部に水受け部材を設置します。このように、隙からの漏れを解決できで、効果は抜群です。これに従って、車庫としての便利性もアップ!








厦門ホトンスソーラーは長年間、駐車場用架台を取り扱っております。様々な地形気候の地方に向ける架台を生産した豊かな経験もあります。このような設計力と生産力により、当社はより良い製品をお客様に提供することができます




お問い合わせフォーム
お問い合わせフォーム
ご質問やご提案がございましたら、メッセージを残してください。できるだけ早く返信いたします。

ホーム

製品情報

skype

whatsapp