太陽光発電架台材質紹介説明

Jul 03, 2022

太陽光発電架台材質紹介説明


太陽光発電に使用される架台の寿命は普通20年~25年間です。 この間、風、雪、埃、雨などで自然に侵略されて続けています。 そのため、架台には耐久性の高い金属を使用することが不可欠です。アモイホトンスソーラーはアルミ架台とスーパダイマ架台を取り扱っています。

この度、この二つの素材についてご紹介させていただきたいとおもいます。

1.アルミニウム

2.スーパダイマ


金属であるがゆえに、「錆び防止」は最も重要です。


そこで、それぞれの材質の特徴を錆びへの強さ(耐食性)と費用面の観点で、1つずつ見ていきましょう。


①アルミニウム


「アルミ」と略されることもあります。身近なところでもかなり使われているのがその耐久性の証明です。優れた耐食性と軽量であることが特徴です。スーパダイマに比べても圧倒的な軽さを持つため、工場で予め組立可能で、運輸ももっと楽です。現地での施工性に優れています。アルミ自体に表面処理をして、陽極酸化アルマイトに進化したら、耐食性が質的向上です。平均皮膜厚さが厚ければ厚いほど耐食性よいです。軽量ですが、強度も色々な要求に対応可能程です。


下記の写真が弊社の2.5MW野立て架台の実績写真です。全体アルミで構造されています。


(アルミ2.5MW野立て架台の実績写真)



②スーパダイマ


スーパダイマ(SuperDyma)製品は、メッキ液に適量なAl、Mgなどの微量合金元素を添加した合金メッキ製品です。 AlとMgの合金元素の相乗効果により、耐食性が高く、トリムの保護性が高いという特徴があります。しかも、価格はアルミより約30~40%安くて,中身はスーパダイマですので、強度もより強いです。競争力がかなりもっています。材質の密度が高いですので、重量はアルミより重いですが、総合的なコスパがとても良い材質です、将来、高騰な可能性と見通し製品です。




まとめ

アルミとスーパダイマの特徴を比べて、下記の表を出しました。




当社の経験によると、アルミ架台が一番広く使われています。選ばれる理由は施工性と耐久性等です。アルミ架台は軽量だけでなく、耐食性にも優れています。 そのため、アルミ架台の使用が検討されることがおおいです。でも、架台自体の費用は、スーパダイマよりも高くとなっています。


当社、このアモイホトンスソーラーは高品質な架台をこの8年間ずっとお客様に提供しています。どの材質を選ぶかは費用との相談になりますが、長期間安定した発電を行う上では耐食性に優れ、錆びにくいアルミとスーパダイマをおすすめします。



勿論、詳しく設計は状況によって違っています。お見積りは無料で、太陽光発電架台の購入をご希望の方は是非一度ご相談ください。



お問い合わせフォーム
お問い合わせフォーム
ご質問やご提案がございましたら、メッセージを残してください。できるだけ早く返信いたします。

ホーム

製品情報

skype

whatsapp